木曽三川プロジェクト

チーム
巣づくりの会
  • HOME
  • 巣づくりの会とは?
  • CONTACT

庭を愉しむ家

敷地は大通りから1本入った閑静な住宅街。南側が道路に面し、他三方が建物と隣接した奥行きのある敷地。周辺に対し馴染むように、白を基調としたシンプルな外観とした。庭を広く確保するため、建物を敷地の奥に配置した。奥に配置することにより、隣接する建物から視線が注がれてしまう。そこでこの家は、広がりのある空間を確保し、自分たちだけの場所、「開放的なプライベート空間」を実現させることをコンセプトとしました。

周囲からの視線を遮るために袖壁を設けています。これは、建物内からの眺めをコントロールする効果もあります。南面の開口は、青々とした芝生の庭へと続き、リビングの大きいテラス窓は内と外との境界を曖昧にし、実際の広さ以上の開放感を与えています。リビングの天井は吹抜けを設けて、吹抜け上部には大きな窓を、北側には開閉できる障子戸を設けました。昼間は、窓から太陽の光が燦々と降り注ぎ、夜になると障子戸が2階廊下の明かりを受け、まるで間接照明のようにリビングを優しく照らします。この吹抜けを光と風が通り抜け、お互いに独立した空間が繋がりを持ちます。

リビング、ダイニングとオープンに繋がるキッチンでは、庭で遊ぶ子供たちを見ながら料理を愉しむ。また、庭の向こうにはガレージがあり、リビングに居ながら愛車を眺めて自分だけの時間を愉しむ。庭と道路を隔てるゲートは、敷地側に引き込んだ場所に設けることで、道行く人の視線を奥まで誘います。
ゲートから道路までの空間をオープンスペースとし、街並にゆとりを与え、子供たちの遊び場など、様々な用途に対応する地域のコミュニケーションの場となっています。アプローチのゲートにステンレス製のルーバーを用いることで閉鎖的な印象を与えることなく、適度にプライバシーが守られています。

設計者 H建築スタジオ 蛭川昭彦
木曽三川プロジェクト
SLOWHOUSE

SLOWHOUSE
暮らしを楽しむ家づくり
定価(本体880円+税)

木曽三山プロジェクト
チーム巣づくりの会

愛知県犬山市上坂3-32

0120-114-310

Copyright © sudukuri.
All Rights Reserved.

このページのTOPへ