木曽三川プロジェクト

チーム
巣づくりの会
  • HOME
  • 巣づくりの会とは?
  • CONTACT

フキの家

この家の建主は子育てを終えてこれから二人の生活を愉しむご夫婦である。加えて、子供達が孫を連れていつでも遊びに来られる家にして欲しいという要望もあった。
そこでフキの生産が日本一である東海市の家であることとフキの花言葉「仲間」「愛嬌」になぞらえ、この家に家族皆が集まって愉しい時を過ごせるよう願いを込めてこの家を「フキの家」と名付けた。
外観は一見重厚で閉鎖的に見えるが、ひとたびゲートをくぐると明るいオープンスペースが広がり、ここは2台分の来客用駐車場としても利用できる。
玄関は天井高さ3.5m、広さ約8帖と非常に開放的に設計。来客が多くても全員を快く迎えてくれる。
1FにはLDK、トイレ、風呂と生活の要となるものを揃えた。加えていずれ寝室として利用できるよう和室も配置。シニア世代の家ということで将来階段を使わなくても生活できることが望まれた。
2F寝室に隣接するルーフテラスは8帖のゆったりスペースとなっており、夏にはここで花火観賞ができる夫婦二人の特別席が完成した。
夫婦とも家への理想を強く抱いており、様々な素材をシーンに合わせて使用している。特にキッチンは夫人の想いが詰まっている。大容量の収納と広いながらもコンパクトな家事動線、皆で料理を手伝いながらホームパーティーができるアイランドキッチンをクランカーのシャンデリアとヴェネツィアンモザイクタイルがラグジュアリー感を演出している。
内壁に用いた珪藻土は消臭及び調湿をしてくれる。窓には断熱に優れているLow-Eの複製ガラス、照明にはLEDを使用しCO2排出量の抑制に貢献している。さらに大屋根には太陽光8.0kwを搭載。エネファーム併用のダブル発電で電気代の節約だけではなく売電により家計にも環境にも優しい家となった。
目の前の豊かさだけに妥協せず、建主、家族、そして環境の未来を見据えた「フキの家」。10年後20年後もたくさんの笑い声が響く「おじいちゃん、おばあちゃんち」であるだろう。

設計者 H建築スタジオ 蛭川昭彦
木曽三川プロジェクト
SLOWHOUSE

SLOWHOUSE
暮らしを楽しむ家づくり
定価(本体880円+税)

木曽三山プロジェクト
チーム巣づくりの会

愛知県犬山市上坂3-32

0120-114-310

Copyright © sudukuri.
All Rights Reserved.

このページのTOPへ